「バスタオル何日使う?」に終止符!?ボクは使いません(キリッ)!!

タオル01

あなたはバスタオルを使っていますか?

バスタオルといえば「何日使ったら洗濯する?」という話がいつの時代(?)も繰り返されていますよね。

衛生面では、やはり毎日洗うことが推奨されています。

風呂上がりの身体を拭いた後のタオルを1日放置すれば細菌は何千万個と繁殖するようです。

自分の場合は、風呂上りにしか使っていなかったので、3日~1週間使っていました…(汗)

それで体調が悪くなることもなかったので問題ないと思っています。あまり堂々と人に話すことではないですが…。

でも今は、バスタオルを使うことをやめました。お別れです。

ただ単に洗濯してから干す作業が面倒臭かったからです。収納で場所も取るし…。

その後、フェイスタオルで身体を拭いていましたがこれもやめました…。

サヨナラです。

結局、今は「手ぬぐい」に落ち着きました。

普段は風呂上がりに身体を拭いて、水で簡単に洗ってから干して終わりです。

手ぬぐい02

よく絞ってから干せば冬でも短時間で乾きますよ。

手ぬぐい、使ってみたらなかなかいいじゃん!

ってことで家ではタオルと手ぬぐいを全取っ替えしました。

そんな 手ぬぐい についてザックリとレビューします。

スポンサーリンク

購入理由

実は、風呂上りにバスタオルを使用することは、数年前からやめていてフェイスタオルがメインになっていました。

フェイスタオルは安物の薄いのを使っていたので、使用直後に軽く水洗いして干して使い回していました。

夏はまだしも、やはり冬場は乾きが悪いし、安物はすぐにボロボロになってしまうという不満はありました。

ある日のこと、日帰り湯にでも出掛けようと思いタオルの準備をしていたら、ふと昔のおじさんが銭湯で 手ぬぐい 使って身体(股間あたり…)をパシパシ叩いている様子が頭に浮かびました。

何故そんなことを思い出したのかわかりませんが(疲れが溜まっていたのでしょう…笑)、日本人らしく 手ぬぐい を使ってみても面白いかも!? と思いネットで検索。

「薄くて両端が切りっぱなしで汚れが残らず、すぐに乾くから衛生的」みたいな特長があることがわかり、購入することにしました。

それが、2014年の秋のことです。

楽天の「にこにこタオル」というショップで、10枚セットを 1680円+送料164円 で購入しました。10枚あってもかさばらないのでメール便で届きました。

※現在ですとコレ↓にあたります。
【45%OFF】 伝統小紋柄 手ぬぐい 10枚セット 【ポスト便OK】

柄が選べてお安いので入門用としては最適だと思いますよ。

外観・使用感

外観

手ぬぐい03

↑現在の姿です。

※スミマセン、購入時の画像はありません(汗)

サイズは、現状で測ると幅32~33cm × 84~87cm くらいです。

※測定していないので購入時の正確なサイズは不明です。

手ぬぐい04
※柄は “亀”(現在ないみたいです)と “花火” です。

柄によって柔らかさに違いがありました。

ピンクの桜柄のが柔らかく、紺の花火柄のが少し硬めです。

(染料によって違うのかな…?)

手ぬぐい05
※柄は “唐草” と “ちらし桜” です。

使用感

色落ちするということなので使用前に2回ほど洗濯機で洗いました。

ネットで調べていると「水で手洗いする」をすすめていましたが、まずは消耗品として気軽に使うことにしたので、洗濯機で洗剤使って洗い、さらに柔軟剤まで使いました(汗)

以降、他の洗濯物と一緒に洗いましたが色移りはなかったと思います。

洗濯をしたところ、両端が切りっぱなしなのでものすごくほつれてきました。

手ぬぐい06
※柄は上から “鯛”、”とんぼ(紺)”、”松葉” です。

いちいち “ほつれ” を気にしないのが 手ぬぐい の流儀(?)。

ほつれてきたらハサミで切ればいいんです。

使い始めてしばらくの間はほつれがジャンジャン出てきましたが、手洗い派の人で丁寧に使用する場合は、すぐにほつれは止まるんじゃないかと思います。

タオルの代わりに使用した感じですが、思ったより吸水性がありました。

薄くてペラペラなのでなめていましたが予想外でした。

水分を多く含んでも、薄いので簡単に絞れます。絞った後はまたよく吸ってくれます。

肌触りは、バスタオルの方が気持ちいいと思います。濡れた 手ぬぐい は肌にまとわり付きます。冬場は小まめに絞って使わないと寒さを感じるのではないでしょうか。

ボクは特に問題ないですが、髪が長い方の場合も、バスタオルの方が使い勝手がいいと思います。

ただやはり、使用後の洗濯を考えると、手ぬぐいの手軽さは魅力的です。

収納を考えた場合でも、手ぬぐいは優等生です。

バスタオル1枚分のスペースで、手ぬぐいを何枚置けることやら…。

他の用途を考えた場合、端が切りっぱなしで処理していなので好きな長さにカットして自由に使えます。

今回購入した柄付きのものは、ちょっと切るにはもったいない気がしたので、後日、楽天の別のショップで “食品用のさらし5m” を購入してこの商品をカットして使う用にしています。
食品用 【オリジナル さらし メール便のみ 送料無料】 無蛍光 晒し 小巾木綿 (34cm幅)

これを短目にカットしてキッチンで雑に使用しています(汗)。

洗濯しても汚れが落ちにくくなってきたら、雑巾代わりに使ってから廃棄です。

あと余談ですが、こちらの さらし でしたら、食品用で無蛍光の国産品ですのでお肌がデリケートな方でも「手ぬぐい洗顔」用で使用してもいいかと思いますよ。

その他の使い方とし、風呂敷代わりに物を包んだり、柄が豊富なのでランチョンマットにしてみたり、頭に巻いたり、ロープ代わりに縛ったり…色々な方法があります。

まとめ

1年半ほど、手ぬぐい のみのタオルを使わない生活を送っていますが、困ったことは何もありません。

タオルを使うのは好きですが、洗濯することを考えると今後も手ぬぐいを選びます。

ということで、バスタオル問題で盛り上がる人達に贈るボクからの一言は以下の通りです。

いったんバスタオルのことは忘れて、手ぬぐいを使ってみない?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在使用している手ぬぐいは、色も落ち着き、両端の “ほつれ” も止まっていい感じになっています。

だいぶ弱ってきたのもあるのでそろそろ他の柄でも補充しようかな…。

家でパソコン作業ばかりやってると肩もコってくるので、たまには手ぬぐい片手に日帰り湯にでも行きたいですね。

手ぬぐい07

露天風呂で頭の上に手ぬぐい乗せてボーっとしたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.